体の中の「水たまり」を解消する


体の中の「水たまり」を解消する

お肌にはフルアクレフで水分補給

ゆっくり休んでお肌ケア


人間の体には「水たまり」ができやすい部分が構造上あちこちにある。


もちろん、十分に潤った健康な細胞であれば、代謝や排せつ器官が活発に働いているので、「水たまり」などはできない。

いらないものは、水分でも脂肪でも老廃物でも、なんでもさっさと体から捨ててしまえるからだ。


しかし、乾燥が進んだ細胞では水分を思うように吸い上げることができない。

細胞に取り込まれずにダブついた水分は、体のそこかしこで「水たまり」をつくるようになる。

「水たまり」ができやすいには、胃袋、腸管、副鼻腔、肺胞、細胞間質(細胞と細胞の間)、血液、内耳、眼の水晶体などである。


体のあちこちに「水たまり」があるという状態は、体のそこかしこに保冷剤をくっつけている姿を想像してもらうとよい。


いかにも気が滅入りそうな状態ではないか。

実際、体が冷えると精神的にも、イライラや不安感などの悪影響が出る。

梅雨時や長雨が続くと、誰しも憂鬱になるものだが、その状態が体の中で1年中365日続いているのだからたまったものではない。


体内にできた「水たまり」は心身にジワジワと異変を起こしていく。

精神的な不調のほか、細胞や臓器の活動停滞など、「冷え」が原因のさまざまな悪影響が現われる。

「水たまり」が巻き起こす悪さのあれこれを東洋医学では「水毒」といって、体内の血・水・気の流れを滞らせ、病気を引き起こす危険のサインと見なす。


本来なら乾燥しているべきところに、「水たまり」ができ、潤っているべき細胞が、「乾燥」している。

髪のパサつきが気になる人、化粧のりが悪いと嘆く人、はたまた胃のもたれ、高血圧の人など。

美容から健康までさまざまな悩ましい症状は、細胞の水分が奪われ、あるべきでない「水たまり」が、あちこちにできたことが原因だ。

フルアクレフであちこち美容。


株式会社三笠書房
女性は体を「乾燥」させてはいけない
石原 結實・石原 エレーナ 著
P40〜41 より引用



フルアクレフ最安値購入方法!【保湿美容液】辺見えみりプロデュース トップページ




FX業者