ある日、鏡の前で突然のシミにビックリする前に




近年では日焼けは体に悪いものとされています。

すぐに赤くなり、ヒリヒリするにも怖いですが、もっと怖いのが、すぐにはダメージが出ないところで大変なことになってしまうことです。

紫外線をあびることで、10〜20年というメラニン色素の長い蓄積のもと、ある日突然にシミとなって本性をあらわれてくるんです。


この突然のシミも日々のケアで防ぐことができるんです。

それには、皮脂をキープして肌のバリア機能を高めておくこと。

常にターンオーバーがスムーズにおこなわれるような代謝力のある健康な肌を保つようにしておくこと。

中でも大事なことは、できる限りの、紫外線ブロック。


簡単なやり方を紹介しますので参考にどうぞ。

私のやりかたは、日頃から保湿効果もあるUVクリームを手元に置いておくこと。

そうすれば、2〜3時間に1回、頬骨や目のまわり、頬など、肌の薄い部分に重ねぬりも簡単にできます。

この行為は、紫外線から肌を守るとともに、乾燥から皮脂が奪われるのを防ぐことも期待ですます。


このようなやり方でもいいですよ。

保湿クリームとUVクリームをそれぞれぬるという方法でも効果は一緒です。

でも、順番は保湿クリームをぬって、次にUVクリームを重ねることです。

UVクリームはどうしてもつけ心地がかたかったり重かったりするようです。

そんなときは、保湿クリームと一緒に手でよくねってまぜ合わせてぬってもOKです。


パルクレール美容液を最安値購入【ニキビ跡用の濃厚美容液】 トップページ

FX業者