体内の水不足


血液内の水分を細胞内に十分吸収させるためには、まず、細胞内や体内の水分を先に排せつする必要があるということだ。


息は吐いてから吸うと楽に吸えるが、吐かずに吸い続ければ苦しくなる。

つまり、呼吸(呼いて吸う)、キブ・アンド・テイク、出入口などというように、宇宙の原則は常に「出す」ほうが先で、「入れる」ほうは後なのである。


つまり「出す」ことで、スムーズに入ってくる、吸収されるのである。


では、どうやったら、細胞内や体内の水分を大いに出すことができるのか。

くどいようだが、水分は細胞内に吸収されてはじめて、水分本来の偉大な役割が発揮される。

したがって、水分は細胞外液の中にあっても、何の役にも立たないどころが、有害になる。


この「水毒」状態になると、細胞からは「水がほしい」というサイン(=口の渇き)が出ているのに、むくみや胃腸の振水音、副鼻腔内の水分過剰(鼻水、くしゃみ)、血液中の水分過剰=高血圧などの「細胞外液に水分がたまって起こる症状」が現れるわけだ。

これらの症状が、やがて老化や病気を進めてしまうのである。


ここまであげたように、「乾燥の原因」を取り除くのではなく、「表面に現れた乾燥のサイン」にだけ働きかけていては、いつまでたっても改善は見込めない。

過度な乾燥の原因は体の奥、つまり目に見えない「細胞の乾燥」にあるのだから。


そのためには、

@体の中の「水たまり」を解消する

A体全体の「水はけ」をよくする

ことが必要なのだ。


パルクレールジェルと上手に併用して美しい身体とお肌を作りましょう!



株式会社三笠書房
女性は体を「乾燥」させてはいけない
石原 結實・石原 エレーナ 著
P34〜39 より引用



パルクレールジェルの最安値購入【ニキビケアのお肌悩み対策】 トップページ


FX業者